Valborgsnatt 「バルブルグの焚き火」
はおよそバイキング時代からの歴史的な祭りです。
毎年4月30日、春の到来を歓迎し、スウェーデンの冬を暗く長くしていると信じられる「魔物」を追いやるために、大きな焚き火を作ります。
ある伝説によると、その晩、スウェーデン中の魔女たちはホウキに乗って「青い山」に集まり、悪魔とパーティをします。村民は、自分たちの村に魔女たちが飛んで来ないように、火を焚くのです。
また、一説によると、農家は春に牛や羊を自由に放牧し始めるため、家畜に被害を与える野生動物を驚かし、森の奥へ追いやるために、大きな焚き火をしたとのことです。
現在のバルブルグの夜には歌やお酒を交えたパーティを行います。
下の写真は僕の故郷の近くのバルブルグの焚き火です。
二人のボーイスカウトたちはその村の焚き火を管理しています。

continue reading.....