私はこの1年間、松山の介護施設で、(デイサービス・特養・身体障害者の施設)でスウェーデンのブンネ法音楽療法活動をしてきました。

ユニバーサルデザインの「ブンネ楽器」を使って、日本語の歌をたくさんのみなさまと大合唱・演奏しました。

一見、この活動は遊び・レクレーションに見えますが、歌と楽器の操作は身体にすばらしい刺激を与え、実はリハビリテーションの時間になるのです。

12月2日、松山の愛媛生活文化センター会議室で、ブンネ音楽療法の無料説明会を行います。

この説明会は私の1年間の経験を紹介いたします。また参加者のみなさんにこの楽器を体験していただきます。

音楽経験のない方も簡単にすぐに楽器が弾ける、ブンネ楽器!みなさん、この機会にぜひ触ってみてください。

下は松山の特養の入居者と一緒に音楽活動を楽しんだときの写真です。

楽譜はいらず、色付きの歌詞を使って、合わせた操作で、みなさんと盛り上がりました。

松山にある特別養護老人ホームで行っているブンネ法

1本のギターでペア伴奏もできます。

下の写真はスウェーデンのグループホームです。

おやつ時間にスタッフが入居者と一緒になって歌を歌いながら、伴奏します。とても簡単で、準備の手間はほとんどいりません。

スウェーデンのグループホームで行っているブンネ法

<音楽療法活動・ブンネ法とは?>

スウェーデンのステン・ブンネ氏により開発された「ブンネ法」は、ブンネ楽器を使用することで、従来の音楽療法に比べ遥かに広範囲に高齢者や障害者(児)が音楽活動をできるような可能性を与えるとともに、音楽の専門家ではない、ケアに携わる介護職員でも扱うことができる点が特徴です。利用者が主体的に、かつ創造的にかかわれる新しい楽器を用いたセラピーです。

音楽に精通していない方も、無理なく活動でき、施設や教育現場において、レクリエーション・音楽療法のリーダーとして活躍することが期待できます。ブンネ法を学び、音楽を通じてたくさんの人を元気にしませんか。

詳しい情報はこちらでのPDFファイルをダウンロードしてください。

申込み方法はFAXかオンラインの2通りです。

ア)FAX……こちらで申込み書をダウンロードし、印刷して、050-3488-2450にてFAXしてください。

イ)オンライン申込み..下のフォームに入力をして、送信ボタンを押してください。